シーフード レシピ おかず 料理 お魚食べよう。やさしいレシピ サワラのお造り

お魚食べよう。やさしいレシピ

釣り好きな夫と、料理好きな妻のおうちごはんレシピ。
無題3
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
久しぶりに巨大なサワラを釣ってきました。

サワラは、魚へんに春と書いて 「」というように、春が旬だと思われていますが、

実は、ここ長崎では、この時期に巨大なサワラが釣れるそうです。

油が乗っていて、お刺身で食べるのが美味しいサイズです。

サワラのお造り

作り方、というほどのものではありません。

新鮮なサワラをさばくだけの話ですが、いくつかコツがあります。
1、刺身用は必ず、釣り上げてすぐに絞めて、血抜きをしておく。 (これは釣り人に頼んでおく)
  サワラは血の多い魚なので、これをしないと、血生臭さを感じてしまうことがあります。

2、よく洗って、三枚におろし、皮をはぐ。

3、お刺身用にするのは、体の中心部の身のきれいな部分。
  腹側は、お造りに、背側をたたき風に、それぞれ食べられるだけ柵にして冷蔵庫へ。

4、なるべく食べる直前に一口大に切る。
  たたき用は、短冊に切って、ネギやしょうがなどを乗せる。


頭の近くや尻尾付近のものは、加熱調理用にしています。

残りの半身は、ムニエル西京漬けなどにします。

サワラ
 ↑↑ 上が通常サイズのサワラお刺身になったのは、下の巨大サワラ ↑↑

 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑             ↑↑
ランキングサイトに登録しています。
クリックしていただけると励みになります。



スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://blog2010start.blog71.fc2.com/tb.php/15-cf1f9e64
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。