シーフード レシピ おかず 料理 お魚食べよう。やさしいレシピ 2011年06月

お魚食べよう。やさしいレシピ

釣り好きな夫と、料理好きな妻のおうちごはんレシピ。
無題3
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
長雨の続く九州地方です。

台風までやって来ています。梅雨明けは、まだまだのようですね。

昨日は、カーテンの裏にカビを発見し、大掃除せざるを得なくなりました。

なんとも過ごしにくい季節です。。。


さて、昨日は、当ブログの常連さんになりつつある、夫の釣り友さんより、また立派なアジをいただきました。

食べ手のあるサイズ、30㎝クラスのものばかり大集合です。

今晩は、我がコッツ・ファミリーの大好物、鯵を堪能すべく、”鯵づくしのゆうげ” となりました。

まずは、パパのビールのおつまみに、 〆鯵。。。

DSC07187.jpg

3枚に卸した鯵にたっぷりの塩を乗せて1時間冷蔵庫に入れてから、一度水洗いし、

すし酢とりんご酢(1:1)に、更に1時間ほど漬けました。

酢から上げて、1晩寝かせたものです。

脂ノリも程よく、間違いない美味しさでした。


そして、絶対に外せない、鯵のたたき。。。山盛りバージョン

DSC07189.jpg

昨日のうちに、3枚に卸して、チルドルームに入れておいたもの。

鮮度は全く問題なし。プリップリッです♪


中でも大きい、鯖クラスの鯵は塩焼きに。。。

DSC07198.jpg

前日から、塩を振って程よく脱水させておきました。

水分を良く拭いてから再び塩を振ってグリルで焼くのが、皮がパリっと中はジューシーに焼けるコツ。

不用意に皮が剥げてしまったりせずに、綺麗~に焼けますよ。


そして、たたきの残りの中骨は、同じく一晩塩をしておき、塩焼きと一緒にグリルで焼いて・・・

DSC07192.jpg

水から、じっくりとダシを取りました。

DSC07194.jpg

味付けは、日本酒と塩少々のみ。 焼いた鯵からダシが出る出る~!

上品なお吸い物になりました。

DSC07201.jpg

お椀からはみ出してるけど・・・もうちょっとマシな盛り方、あっただろうに、ね。


こんな訳で、美味しく楽しく味わわせていただいたのですが、

昨日、下処理をしている時に、ちょっとした事件が起こりました!

鯵の ”つぼ抜き” をしている時のことです。

グリグリッと割り箸を抜き出したところ、お口の中から、何か白くうごめくモノを発見!?

ひぃいいい~っ、 Σ(゚口゚;

DSC07177.jpg

「タイノエ」です。ウィキペディアでは、「ウオノエ」で紹介されてます。 は、はじめて生で見た。(汗)

しかも元気に動いているよ、どうしよう~。。。

グロテスクなお魚には全く動じない私も、昆虫系は全然ダメ。

オドオドする私のそばで、面白がって写真を撮る夫。。。

そうこうしている内に、お口の中から小っちゃいお仲間 (お子様?)が登場しました。

DSC07180.jpg

恐る恐るお口を覗くと、卵と思われる粒々が無数に。。。

あぁ、とても画像を紹介できません。


散々悩んだ挙句、加熱調理でよ~く火を通して食うべし! との決断を下し、

エラの所からズバッと頭を切り落としました。

彼らは、お口の中にしか寄生しないので、内臓その他の場所は綺麗なままでした。

かえって他の寄生虫たちより、性質(タチ)が良いのかもしれません。

しかし、このビジュアルは血の気が引く思いです。

招かれざるお客様、できれば二度とお目にかかりたくないですね。



 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑             ↑↑
ランキングサイトに登録しています。
クリックしていただけると励みになります。



 ↓こちらもポチっとお願いします

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。