シーフード レシピ おかず 料理 お魚食べよう。やさしいレシピ イトヨリ

お魚食べよう。やさしいレシピ

釣り好きな夫と、料理好きな妻のおうちごはんレシピ。
無題3
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
イトヨリって、綺麗なお魚ですよね。

コピー ~ DSC06331

初めて見たときは、熱帯魚!? と思ったほど。。。

赤と黄色のグラデーションが美しいこのお魚、見た目をいかしたくて、

大好物の蕪蒸しの上に、ふんわり乗せて蒸し上げました。

これまた、大好物の銀あんをたっぷりかけていただきました。

DSC06565.jpg

少量の蒸し料理・・・はい、シリコンスチーマーさんの出番です。

レンジにかけている間に、あんを作ったりできるのがいいですよね♪


  【作り方】
 〔材 料〕2人分
イトヨリ・・・1匹
蕪(中くらい)・・・3個
卵白・・・1個分
片栗粉・・・大さじ1
塩・・・ひとつまみ


 〔銀あん〕
白だし・・・大さじ1
水・・・100cc
銀杏(水煮)・・・10粒ほど
水溶き片栗粉・・・各大さじ1
しょうが汁・・・少々
三つ葉など あれば


1、イトヨリは3枚におろし、小骨を取ったら塩を振ってしばらく置く。
   出てきた水分を拭き、もう一度軽く塩をする。表面に切り目を入れる。

2、蕪は摩り下ろし、水分を軽く絞る。卵白、片栗粉、塩ひとつまみを混ぜ、
   器に2等分して入れる。

3、2の上にイトヨリを、ふわっとかぶせるように乗せる。

4、すのこに少量の水を入れたスチーマーに器を乗せて、蓋をする。
DSC06558.jpg

5、電子レンジ600Wで3~4分加熱。
   取り出してみて、中央部分に熱が入っているようなら、OK。

6、レンジにかけている間に、銀あんを作る。
   お鍋で、水と白だしを沸騰させ、銀杏を入れる。最後に水溶き片栗粉でトロミを付けたら、
   しょうが汁を入れる。

7、蒸しあがった の上に、たっぷりあんをかける。三つ葉など飾って出来上がり。



これは、おかずというよりも、前菜? 茶碗蒸しに近い存在かな。

蕪のふわふわ感と白身魚のホロッと具合がもう、絶妙でした。

ちゃんとおダシを取ったら、もっと本格的なものになるのでしょうが、

白だしのお手軽(←手抜きとも言う) バージョンでも、十分に美味しかったです。

ホロホロ系の白身魚、蒸し料理がいいですね。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑             ↑↑
ランキングサイトに登録しています。
クリックしていただけると励みになります。



 ↓こちらもポチっとお願いします



スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。