シーフード レシピ おかず 料理 お魚食べよう。やさしいレシピ オコゼ

お魚食べよう。やさしいレシピ

釣り好きな夫と、料理好きな妻のおうちごはんレシピ。
無題3
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
こんにちは、オコゼです。

コピー ~ DSC06334

わたくし、こんなゴツゴツした顔ですが、実はとっても美味~なんです。

猛毒を持った背ビレが自慢なんですが、釣り人によって全てカットされちゃいました。。。

オコゼ

ところで、どこが目だか分かるかな?

・・・以上、オコゼのつぶやきでした。 


我が家にオコゼがやって来たのは、これで二度目です。

前回は、サイズが小さかったので、丸ごと唐揚げにしちゃいましたが、今回はなかなかのサイズです。

薄造りからフルコースで楽しもうではないか、ということになりました。


前にも書いた通り、オコゼの背ビレには、かなりの毒があります。

刺されると、手がグローブのように腫れて夜も眠れないほどの痛みだとか。

まずは、背ビレ部分にVの字の切れ込みを入れ、慎重に取り除きます。

これさえ済めば、あとは普通のお魚と同じ解体作業に入ります。

DSC06342.jpg

皮も肝も美味しいので、捨てずに全~部、調理しますよ!


まずは、薄造り

DSC06344.jpg

もう、切っている時から手応えが違うのが分かります。 コリッコリ!

皮は湯引きにして、肝は洗ってそのまま添えました。

なるべく薄~くスライスして、人参の千切りとブロッコリースプラウトをくるりと巻いて、

もみじおろしとポン酢に付けていただきます。

「うぉおおお、美味~。」 野菜のシャッキリ感とコリコリ具合が絶妙です。

ブロッコリースプラウト、なかなか歯応えいいですね。


肝は、わさび醤油で、白身と共に

DSC06352.jpg 

むふふ、お口の中でとろけます。



そして、中骨は唐揚げに

DSC06349.jpg 文句なしの美味しさ。


頭とカマはお吸い物に

DSC06357.jpg 皮の部分がトゥルントゥルン~


と、余すことなく美味しくいただきました。

もともと、その日はハンバーグの予定だったので、ハンバーグとオコゼ料理という妙な取り合わせに。


それにしても、オコゼ、美味すぎです。

これまで色々なお魚を食べてきましたが、私的ランキング三本の指に入りました。


トゲのある花は美しく、毒のある魚は旨い、ということでしょうか。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑             ↑↑
ランキングサイトに登録しています。
クリックしていただけると励みになります。



 ↓こちらもポチっとお願いします




FC2 Management
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。