シーフード レシピ おかず 料理 お魚食べよう。やさしいレシピ イワシ(鰯)

お魚食べよう。やさしいレシピ

釣り好きな夫と、料理好きな妻のおうちごはんレシピ。
無題3
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日は節分です。 やっぱりイワシを食べなくちゃ。

イワシは、濃い目の煮汁で煮付けたものが美味しいですよね。

薄味嗜好の我が家にとっては濃い目なおかず。何かサッパリ系の物を加えたくなります。

梅干が無かったので、思いついたのがミニトマト

と、トマトですって!?と、思われた方、待ってください、引かないで~。。。

トマト・・・お醤油ダシで煮込むと、なかなかイケルんですよ。(画はイマイチですが。。。)

コピー ~ DSC06079

それでは、作り方です。

【作り方】
 〔材 料〕
イワシ  1パック(7匹)
ミニトマト  20粒ほど
酒    100cc
みりん  100cc
しょうゆ 100cc
砂糖   大さじ3
だし昆布  適量


1、イワシは頭と内臓を取って、軽く塩って30分放置→洗って拭いておく。
SANY0689.jpg

2、ミニトマトは、皮を湯むきしておく。
  (ヘタの反対側に爪楊枝で穴をあけておくと後で皮がつるーっとむける。)
  熱湯にさっとくぐらせ、水に取る。→皮をむいておく。
SANY0687.jpg

3、お鍋の底に昆布を敷く。これは魚が張り付くのを防ぐためのもの。
SANY0692.jpg

4、その上にイワシを並べ、煮汁の材料を合わせたものを注ぐ。トマトもいれたら、火をつける。SANY0694.jpg

5、アクを取ったら、落し蓋をして中火で煮込む。
  煮汁が半分くらいまで煮詰まったら、出来上がり。
SANY0697.jpg


煮込む前に、下処理(塩をして水洗い→拭く)をしているので、生姜など入れなくても

臭いも全然気になりません。

昆布の代わりに、クッキングシートを敷くのもアリですが、

昆布は、役目を終えた後も美味しく食べられます。(ダシも出るしね!)

トマト入りの煮魚、騙されたと思って、一度やってみてください。結構ハマると思います。



今日の ”まるかぶり”↓
DSC06082.jpg
  具は、シンプルに焼肉とレタス、紅生姜のみ。
  朝のTV番組でみたレシピ、さっそく真似してみました。 マヨネーズ入れるの忘れた!


皆さん、 ”まるかぶり” しましたか?

一言も言葉を交わさずに、黙々と食べるって、結構辛くないですか?

子供がポツリと 「やっぱり、お話ししながら食べた方が美味しいよね?」 と。

私もそう思います。そしてやっぱり、一口ずつ味わいながら食べたいなぁ。。。



 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑             ↑↑
ランキングサイトに登録しています。
クリックしていただけると励みになります。



 ↓こちらもポチっとお願いします

スポンサーサイト
今日は、つくレポです。

以前にも登場していただいた、私の尊敬するブロガーさん、オビワンシルク様の真似っこしちゃいました。

新鮮な白菜イワシ、という斬新な取り合わせにすっかり心を奪われた私。。。

産直野菜販売所で、みずみずしい白菜となぜか、ピカピカイワシが売られているのを発見し、

作るなら今日しかない! と、意気込んで買ってきました。

DSC05711.jpg

 
 【作り方】

1、イワシは、3枚におろして塩を振り、しばらく置いてから、酢で洗う。

2、小骨を取り、皮をむいたら、一口大に切っておく。

3、白菜は、ざく切りにして、塩、ブラックペッパー、EXバージンオリーブオイルをかけて混ぜる。
 (今回は、余ってた春菊の葉っぱの方も入れてみた)

4、2のイワシを乗せたら出来上がり。


オリジナルのレシピの方では、手作りゴマドレッシングでいただいたようですが、

私作の方は、イワシの塩が多かったのか、しっかりと味が付いていたので、NOドレッシングで

モリモリ食べちゃいました。 今が旬の白菜、甘~い。

オビワンシルクさん、素敵なレシピ、ありがとう!


ところで、皆さんに質問です。

イワシの小骨って、どの程度取り除きますか?

わりと徹底的に取ってしまう私なのですが、結構しんどいですよね?

小骨の部分は諦めて、つみれ汁にでもした方が良いのかしら。。。

良い方法をご存知の方は、是非コメントお願いします。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑             ↑↑
ランキングサイトに登録しています。
クリックしていただけると励みになります。



 ↓こちらもポチっとお願いします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。