シーフード レシピ おかず 料理 お魚食べよう。やさしいレシピ 【番外編】魚じゃないよ

お魚食べよう。やさしいレシピ

釣り好きな夫と、料理好きな妻のおうちごはんレシピ。
無題3
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
すっかりご無沙汰しております。

いつの間にか夏休みになっており、気が付けば既に7月も終わろうとしている・・・。

時の流れの速さに、取り残されそうなコッツです。

今日は、番外編の温泉旅行記です。

実は、先週は私の実家の両親がこちらに遊びに来ており、週末は3世代で温泉旅行に行っておりました。

じいじ・ばあば、小学生の子供たち、皆が満足できるプランを検討した結果、

熊本の自然満喫コース! 黒川温泉に一泊して、阿蘇で観光&遊びを! ということになりました。


黒川温泉・・・最近はTVでも全国的に有名になりつつありますが、

とにかく、どこのお宿も ”ひなびた感じ” がイイんですよね~。

数あるお宿の中から、今回宿泊したのが、 「山みず木」 という所。

大人数で泊れるように、和室2間に広いリビング&露天風呂付き、と、ちょっと贅沢なお部屋仕様でした。

DSC07365.jpg

広々リビングには、和のレトロと最新式のコーヒーマシーンなどの家具が、見事に調和されていました。

DSC07339.jpg

窓から見える、清流と緑の木々。

森のオゾンの香りが心地よく、小虫が飛んで来さえしなければ、最高なのに。。。

DSC07347.jpg

お部屋に付いていた露天風呂。

24時間、気兼ねすることなく入れるところが良いですよね。

でも、大浴場好きな私は、結局一度も入りませんでした。


女性のお風呂は、内湯が2つと露天の岩風呂が1つ。

露天風呂は少し離れているのですが、すぐ横に小川が流れていて、広々として気持ちよかったです。

でも、何より感動したのは、内湯なんです。

夏場だったからか、内湯と言っても、窓が完全に外されていて、

外の景色がバッチリ見えるのですが、それがもう、一枚の絵画のような完璧な眺めなんですよ。

小川に流れ込む滝、それを取り囲む緑の木々、小鳥のさえずり・・・。

お湯に浸かりながら眺める、なんと贅沢な。 はぁ~、ごくらく極楽。

さすがに、共同浴場に を持ち込むことは出来なくて、残念でした。


夕飯は、山の幸を中心とした上品な和食でした。

DSC07349.jpg

海の魚を食べなれたコッツ家の面々ですが、鮎の塩焼きなど滅多にお目にかかれない川魚に

舌鼓を打ちました。

お食事後半は、すっかり酔っぱらって どころではありません。

後はご想像にお任せします。


さて、翌日はお待ちかねの阿蘇観光です。

天気が良かったものの、なぜかモヤがかかっており、見晴らしはイマイチでした。

それでも、久々に中岳の上まで登ってみました。

DSC07328.jpg

相変わらず元気に火山活動をしておりました。

阿蘇中岳

中は綺麗なエメラルドグリーン色でした。 なぜこんな美しいグリーンなんでしょう?

DSC07321.jpg

あちらこちらに、避難壕があり、子供の格好の遊び場になっていました。


そして、チビッ子たちの一番のお目当て。「阿蘇カドリー・ドミニオン」

DSC07401.jpg

TV番組 「志村どうぶつ園」 でおなじみのパン君、ジェームズ君に会いに行きました。

パン君たちに会えるのは、園内にある「みやざわ劇場」だけです。

でも、パン君はタレントさんなので、 NGです。

劇の後、希望者だけ1枚1000円で一緒に写真を撮れるんですが。。。

なんだか、パン君が疲れている様で、気の毒になってしまいました。

暑くて夏バテしちゃってるのかな?


他にも色々動物がいます。

で、子供たちが動かなくなってしまったのが、ワンちゃんふれあい場

DSC07373.jpg

中でも、この黒いワンちゃんが気になってしまったようです。

ブログリンクしていただいている、オビワンシルクさんのお子を思い出してしまいました。

とても大人しくて、可愛い子でした。


他にも、湧き水の白川水源や、眺めの良い、草千里など立ち寄りました。

お天気にも恵まれ、とても楽しい思い出となりました。


阿蘇、黒川は雄大な自然に囲まれており、また何度でも行きたくなる所です。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑             ↑↑
ランキングサイトに登録しています。
クリックしていただけると励みになります。



 ↓こちらもポチっとお願いします

スポンサーサイト
いつもお世話になっている、レシピブログさんのモニター企画です。

最近、モニター当選が続いております、ありがたいことです。

さて、今回のモニターですが・・・美味安心 「香ばしい薫りのカレー・ルー」 を使った料理。

0027e16ba0087773a60a91c64086bc77_351x266_cut.jpg

このカレー・ルー、国産野菜を使って、化学調味料無添加で、ひと釜ずつ丁寧に作られているそうです。

これを使って、どんな料理を作ろうかと、あれこれ考えたのですが、

奇をてらった創作料理より、この、こだわりカレーを純粋にそのまま味わってみたい、という気持ちから

2種類のカレー&ライスを作ってみました。


まずは、 【海老とアボカドのクリーミーカレー】

DSC06444.jpg


そして、 【チキンのキーマ風カレー】

DSC06445.jpg


2種類も作るなんて、面倒じゃない? と思われたでしょうか。

材料は2パターン用意するのですが、途中まで(基本のカレーベース)は共通で作り、

それから2つに分けて、それぞれを混ぜるだけ。 それ程の手間ではありませんよ。


それでは、簡単すぎる作り方です。

【基本のカレーベース】
玉ねぎ・・・2個
ニンニク・・・1かけ
ホールトマト・・・300g
水・・・500cc
ローリエ・・・1枚
美味安心「旨いカレー・ルー」中辛・・・1袋

 < 海老とアボカド >
海老(背ワタを取って洗っておく)・・・10尾ほど
アボカド・・・1/2個
生クリーム・・・50cc

 < キーマ風チキン >
鶏ひき肉・・・150g
クミン、コリアンダー、カルダモン、ガラムマサラなど少々


1、まずは、基本のカレーベースを作る。
  みじん切りにした、ニンニク、玉ねぎを炒める。
  透き通ってきたら、ホールトマト、水、ローリエを加え、中火で煮込む。

2、20分程煮込んだら、カレールーを加えてよく混ぜる。
  焦げないように、混ぜながら、もうしばらく煮込む。
  程よいトロミが付いたら、火を止める。 → これが基本のカレーベースになる。

DSC06438.jpg

3、別の鍋(フライパン)で鶏ひき肉を炒めておく。
  2のカレーベースの半量をその中に加え、混ぜる。
  お好みでスパイス類を加え、味を整える。 → これで、キーマ風チキンカレーの完成。

DSC06439.jpg

4、残った鍋に、下処理した海老と一口大に切ったアボカドを投入。
  海老に火が通ったら、最後に生クリームを入れて混ぜる。 → 海老とアボカドのクリーミーカレー

DSC06441.jpg


このカレー・ルー、商品名の期待を裏切らないほどの、香りの良さです。

煮込んでいる間から、まるで専門店のカレーの匂いが漂っており、食欲をそそられました。

写真では、1人前ずつ盛っていますが、私はハーフ&ハーフでいただきました。

どちらも、香ばしさと深い旨みがお口いっぱいに広がって、自分が作ったのが信じられなかった程。

使用する、カレー・ルーでこんなにもカレーの味が変わるとは、驚きです。


ちびっこ達には、チキンが人気で、あっという間に売り切れてしまいました。

プリプリッの海老とトロトロのアボカドは、パパ好みだったようです。


今回も、美味しいモニターを満喫させていただきました。 ごちそう様でした。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑             ↑↑
ランキングサイトに登録しています。
クリックしていただけると励みになります。



 ↓こちらもポチっとお願いします




昨日の我が家の食卓・・・

ちょっとフライング気味で、ひな祭り気分を味わってみました。

なぜ昨日かと言うと、産直野菜売り場に売られていた菜の花があまりにも美しかったのと、

ハマグリがお安かったから。(*^m^)

DSC06531.jpg

【メニュー】

  ・押し寿司
  ・海老フライ
  ・牛サーロインステーキ
  ・菜の花の辛子和え
  ・蛤のお吸い物

DSC06524.jpg


押し寿司は、長崎の郷土料理に 大村寿司 というのがあるのですが、それをイメージして作りました。

といっても、市販の混ぜ寿司の素を混ぜて、錦糸卵と一緒に型に入れて押しただけですが。。。

お急ぎコースで作成したため、なじむ前にカットしたら、切り口が美しくない~。

ただ、エビとイクラを乗せただけで、なんとなく華やかになりますね。

飾りつけは、娘が担当してくれました。 イクラをつまみながら、粒々と格闘していたようです。


DSC06520.jpg


さっと茹でた菜の花は、練り辛子、白だし、砂糖少々で和えました。

う~ん、春のかほり。。。



DSC06526.jpg

海老フライもお頭付きです。

実は、パン粉まで付いて、この状態で売っていたのを揚げただけ。

DSC06521.jpg

そして、我が家の肉食系男子喜ぶ、牛サーロインステーキ。。。もちろん国産ではありません。

お肉を焼いた後のフライパンで、バター、ポン酢醤油、あらびきガーリックを煮詰めたソースをかけました。

お肉をジューっと焼き始めた瞬間、背後から肉食系男子の歓喜の声が上がりました。

「肉、にく、おニク~???」

結局、母の口にはお肉は、ひと切れしか入りませんでした。 ふふ。

付け合せのクレソンがソースに合って美味でした。


DSC06534.jpg

汁物は、やはりハマグリでしょう。

アサリばかり食べていた後なので、感動も薄かったのですが、やはりハマグリはいいおダシですね♪


という訳で、市販品などを利用して、簡単メニューで、一足早くおひな祭りは終了しました。

春はもうすぐそこまでやってきていますね。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑             ↑↑
ランキングサイトに登録しています。
クリックしていただけると励みになります。



 ↓こちらもポチっとお願いします

諸事情により、延期されていた、夫のバースデーパーティですが、

今日、無事に終了しました。

本日のメニューは夫の好物ばかり。 メインはフランス産の肉です。

DSC06490.jpg

フランス産、肉って何だかお高いんじゃない? と、思われた方。

ネットで購入すれば、それ程でもないですよ。 ただ、送料無料にするために生ハムまで買っちゃったけど。

購入したのは → コレ


私、お肉の脂身ってとっても苦手なんですが、なぜかの脂は大丈夫。

フライパンで、脂を掛けながら、ジワジワと焼いてから、ホイルに包んで余熱で火を入れたら、

ミディアムレアの綺麗なピンク色になりました。

ソースは、赤ワイン・お醤油・デコポンの果汁を煮詰めたもの。

DSC06484.jpg

スペースの都合上、いつものようにワンプレートにしています。

その隣には、お馴染み、うっかりカサゴのソテー。 レモンバターソースで。

付け合せは、ブルーチーズのペンネ 。← これは、子供達から大不評でした。

臭いがキツイもんね~。

DSC06487.jpg

その他は、

ベーコンと野菜、レンズ豆のスープ

カリフラワーとパプリカ、きゅうりのピクルス + オリーブ

大粒アサリのガーリックバター焼き

DSC06482.jpg

このアサリは、土曜日に貝堀りに行って採ってきたもの。

レシピブログさんのモニターでいただいた、「あらびきガーリック」 を使ってみました。

このレシピに関しては、また追ってUPしますね!


本日のワインは、フランスで買ってきたもの

DSC06477.jpg

ブルゴーニュの赤です。

飲みやすくて、にもよく合いました。


今回は、欲張って肉も魚も両方焼こうと思っていたら、さすがに同時に仕上げるのはキツかったです。

コース方式なら可能ですが、やっぱり家族そろって乾杯したかったので、一気に仕上げました。

トースターにはパン、グリルにアサリ、左のコンロに、右には魚、そして上のコンロにスープ。

一人でアタフタ していたら、主賓の夫が無言で手伝ってくれました。

を焼くのと、ペンネはほぼ夫作です。


後片付けは、娘が担当。

息子もお運びに参加してくれました。

家族の協力のもと、楽しくパーティーは終了いたしました。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑             ↑↑
ランキングサイトに登録しています。
クリックしていただけると励みになります。



 ↓こちらもポチっとお願いします

レシピブログさんのモニター企画です。

*食べる*オニオングラタン・すーぷ

DSC06433.jpg


レシピブログのハウススパイスを使ったオリジナル「食べるスパイス」レシピモニター参加中

・・・レシピブログのハウススパイスを使ったオリジナル
「食べるスパイス」 レシピモニター参加中・・・



今回のモニターですが、他のブロガーさん達が次々レシピUPしているのを見て、

「私はハズレた。。。」と思って、油断していました。

なんと、2日前に当選のメールをいただき、今日、「遅くなりましたが・・・」という内容の

お手紙と共に送られてきたのでした。


早速、今日のランチに 「ハウス ローストオニオン を使ってみることに。

DSC06416.jpg

まずは、そのまま食べてみました。

オニオンの香ばしい香りと甘みがガツンと来ます。

長時間炒めた、あめ色玉ネギを思わせるこの香り、最初に連想したのは、オニオングラタンスープ」

ただ、大量のスープの中に埋もれてしまうのではモッタイナイ。。。

そこで、行き着いたのが、「食べる・オニオングラタン・すーぷ」

通常のオニグラ・スープは、スープの上にバゲットが浮いていますが、その逆で、

厚めに切った、バゲットの中にスープがしみ込んでいるもの。

バゲットの上にチーズと ローストオニオン をたっぷり乗せて焼きました。


  【作り方】
 〔材 料〕 2人分
バゲット・・・4切れ(5cmほどの厚さ)
あらびきウィンナー・・・3本
ブロッコリー・・・5~6房
コンソメ・・・1個半
水・・・200cc
溶けるチーズ・・・適量
生クリーム・・・バターでも良い
ハウス ローストオニオン・・・適量


1、バゲットを耐熱皿に並べ、その隙間にあらびきウィンナーを入れる。
DSC06422.jpg

2、ブロッコリーは洗って、レンジで加熱する。これも、1の隙間に入れる。
DSC06421.jpg

3、コンソメをお湯で溶かし、(←これもレンジを使ってます。)
  バゲットにかけて行く。しみ込む、しみ込む~!
DSC06424.jpg

4、「ローストオニオン」をかけて、
DSC06426.jpg

5、溶けるチーズをたっぷり乗せたら、生クリームも回しかけて、
DSC06427.jpg

6、さらに「ローストオニオン」を、ふりかける。
DSC06429.jpg

7、オーブントースターで、約12分ほど焼く。
  「ローストオニオン」は焦げやすいので、途中でアルミホイルを乗せても良いです。
  こんがり焼けたら、出来上がり。



今日は、給食なしで下校してきた息子と2人で食べました。

溶けたチーズとオニオンが香ばしく、ただかけて焼いただけとは思えない美味しさでした。

表面はカリっと、中はスープがじゅわ~ん。。。

DSC06434.jpg

あり合わせの材料で、大満足のランチになりました。


 ブログランキング・にほんブログ村へ
↑↑             ↑↑
ランキングサイトに登録しています。
クリックしていただけると励みになります。



 ↓こちらもポチっとお願いします

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。